新たに保育所を建設する難しさ

赤ちゃんが生まれる前に待機児童問題のない地方に引っ越すことを実際に考えている家庭もあるようです。この場合、地方に引っ越しても職を得ることができる資格者や、企業に支店などがあり、転勤できる等の要素が必要となってきます。

待機児童問題の大きなポイントは、都市部に企業が集中、仕事が集中しているため人口もおのずと集中する、そこで保育所を利用したいと思う家庭が必然的に多くなる、という図式があります。

実は全国的に見てみると認定保育所の定員数は前年よりも高くなっているといわれています。保育士施設を建設できている地域もあるのです。しかし保育所が本当に欲しいと思う都市部で必要な場所に必要な保育所の数がないために、都市部に深刻な待機児童問題が起きているというわけです。

都市部に小さくてもいいので認可保育所を作ればいいじゃないかという声も聞こえてきそうですが、認可保育所を作るためには国の基準を満たす土地、施設、園庭の広さが必要ということ、またお子さんの声がうるさいなど近隣住民の賛成を受ける事が出来ないということなどの問題があります。

都市部で認定保育所を建設するための土地を確保することや、近隣住民問題をクリアすることは難しい事なのです。

待機児童とは

新たに保育所を建設する難しさ